整形外科

概要

様々な人生観に左右されることの多い整形外科の治療ではありますが、そこに各個人が共通して求めるものは存在すると考えられます。

若年者にとっては早期の社会復帰であり、高齢者にとっては寝たきりの防止でしょう。いずれの場合も治療後の早期離床が求められます。早期離床は整形外科が達成しようと努力を重ねてきた最大の課題です。その努力の成果を具体的に観てみれば、低侵襲手術の開発と脊椎固定術の進歩が大きく貢献しました。

整形外科における低侵襲手術のひとつは、関節鏡を用いた内視鏡手術であり、術後の早期からリハビリテーションを行なうことができます。もう一つの低侵襲手術は顕微鏡を用いた椎間板ヘルニアの手術です。この方法は術後の痛みが少なく、早期に社会復帰が可能です。また脊椎固定術の進歩により、早期に離床が可能になりました。

我々は、今後もこれらの治療実績を重ねて、地域の方々に整形外科手術の特徴や利点を認識いただき、これを患者さまの悩みを解消する手段として受け入れていただけるように努力いたします。

担当医師

入江 善二 竹野 建一 山岸 淳嗣
北出 誠