トップページ > 外来のご案内 > 診療科・部門紹介 > 耳鼻いんこう科

耳鼻いんこう科

概要

耳鼻いんこう科では、主に耳や鼻、のどに関連する疾患の治療を担当しています。

【耳鼻咽喉科関連の症状】

  • 耳:難聴、耳漏、めまい、顔面麻痺など
  • 鼻:鼻閉、鼻汁、嗅覚障害、鼻出血など
  • 咽:咽頭痛、いびき、睡眠時無呼吸など
  • 喉:声がれ、呼吸困難、咳など
  • 頚部:頚部腫脹、頚部痛など

【入院症例】
睡眠時無呼吸症候群、突発性難聴、扁桃炎・扁桃周囲膿瘍、めまい症、顔面神経麻痺、気道炎症(喉頭蓋炎)、急性炎症、悪性腫瘍、鼻出血、顔面外傷(鼻骨骨折など)、頚部膿瘍など

【手術症例】
鼓膜(排液・換気)チューブ挿入術、鼓室形成手術、顔面神経管開放術、先天性耳瘻管摘出術、鼻内副鼻腔手術、翼突管神経切除術、鼻中隔矯正術、粘膜下下鼻甲介骨切除術、口蓋扁桃摘出術、アデノイド切除術、耳下腺腫瘍摘出術、顎下腺手術、甲状腺悪性腫瘍手術、甲状腺腫摘出術、喉頭鏡微細手術、気管切開術など

・当院で対応が難しい症例(頭頸部癌手術など)は他の医療機関と連携し、当院では画像検査や、術前術後に可能な治療(化学療法や放射線治療)を行います。また、症例によっては福井大学医学部附属病院などの医師の協力を受け、当院で手術などの治療を行うことも可能です。

・睡眠時無呼吸症候群に関しては、睡眠時ポリソムノグラフィー検査(自宅で検査可能な場合もあります)や持続陽圧呼吸療法(CPAP療法)の遠隔モニタリング診療、軟口蓋形成術なども行っています。

・突発性難聴に対しては、鼓室内ステロイド注入や高圧酸素治療も行なっています。

担当医師

冨田 かおり (とみた かおり)

耳鼻いんこう科医長
【所属学会・資格】

  • 日本耳鼻咽喉科学会(専門医・暫定指導医)
  • 日本耳科学会
  • 日本鼻科学会