トップページ > 外来のご案内 > 診療科・部門紹介 > 歯科・口腔外科

歯科・口腔外科

概要

当院歯科は、昭和17年10月より開設され現在まで病院歯科として地域医療に貢献してきました。

現在、常勤医師3名、歯科衛生士4名で診療にあたっています。

歯科治療に関して、更に取り組んでいきたいと考えるのが、感染予防対策です。外来処置の約7割近くが、出血を伴う処置であるにもかかわらず、どこの施設でも血液検査を実施することもなく、頻繁に観血的処置が行なわれているのが現状です。しかし現実として、初診の患者さん全てに血液検査を行なうことは問題があるため、当科では全ての患者さん一人一人に対し、グローブ、基本器具、その他の器具全般を、一度使用したら、滅菌・消毒あるいは廃棄するという対応を取っています。これからは、診療台も区分けする事も考慮し、少しでも、歯科診療という行為が感染源とならない様、院内感染予防対策を取っていきたいと思っています。

有病者の一般歯科治療から口腔腫瘍・嚢胞も含めた入院手術など口腔外科分野へ重点を置き、この地域における二次、三次医療機関として病院歯科・口腔外科の使命を果たしてゆきたいと考えています。

紹介状をお持ちの患者さんは初診受付時間帯以外にも診察・治療を行なったり、また、当科に初診として受診された患者さんでも口腔外科的に異常なければ通院しやすい開業医の先生方に紹介させて頂いたりするシステムを構築していければ、と考えております。

担当医師

土井田 誠 水井 工 山田 賢譲