トップページ > 看護部 > 概要

看護部概要

看護部理念

地域の皆様のその人らしい生活の実現に向けて、安全・安心な看護を提供します。

看護部基本方針

  • その人らしさを大切にする看護を提供します。
  • チーム医療に積極的に参加します。
  • 教育機能の充実に努めます。
  • 専門職業人としての自覚と誇りを持てる人材を育成します。
  • 経済性に配慮した取り組みをします。
  • ワークライフバランスを推進します。

令和4年度 看護部目標

  • 患者・家族にとって良質な看護の追求と実践
    ・看護実践・管理の振り返りによる気づきの誘発と実践への統合
    ・看護専門職育成のための継続的な教育
    ・安全管理
  • 看護職員の負担軽減に向けた取り組み
    ・勤務体制や業務内容の再考と改革への着手
    ・パートナーシップの強化
    ・人材確保・活用・離職防止

看護基準

  • 急性期一般入院料 1
  • 精神病棟 15:1入院基本料
  • 療養病棟 入院基本料2

看護方式

  • 固定チーム継続受け持ち方式
  • プライマリーナーシング方式
  • PNS®(パートナーシップ・ナーシングシステム)

勤務体制(週38時間45分勤務)

  • 病棟:3交替(7時間45分勤務)
    2交替(15時間30分勤務)変則2交替(13時間30分勤務)
  • 血液浄化センター:日勤、準夜
  • 手術センター:日勤、遅出
  • 救命救急センター:2交替、3交替混合
※ 夜勤専従、短時間勤務など多様な勤務形態が選択可能となっております。詳しくは看護部までお問合せください。

看護部職員数(2022年4月1日現在 非常勤含む)

  • 看護部職員数 372名
  • 助産師 20名/看護師 281名/准看護師 16名/看護補助員 45名/外来診療補助員 10名

年次有給休暇

年間20日(4月採用は15日)、夏季特別休暇3日

院内保育所(ふくろう)

職員のお子さんを保育しています。

院内保育所の案内ページへ