トップページ > 看護部 > 教育システム

教育システム

教育理念

看護部の理念に基づき、安全・安心で質の高い看護が実践でき、看護職員個人が成長していける教育環境を提供する

教育目標

  • 人間性豊かな感性を養う
  • 看護職として必要な知識・技術を科学的根拠に基づき習得することができる
  • 組織の一員としての役割を自覚し、個々が主体性を持ち、活き活きと看護活動ができる

教育内容

当院の看護部では、スタッフ個々人がモチベーションを高め成長できるよう、クリニカルラダーに対応した教育プログラムを構築し研修を実施しています。クリニカルラダーと目標管理をリンクすることで、スタッフが組織の中での役割を担いながら、活き活きと看護活動ができるよう支援しています。

小浜病院看護部教育システム

クリニカルラダー(臨床看護実践能力習熟段階)

*研修内容は2021年度の予定です。

レベル
(目安)
定義 主な研修内容
レベルⅠ
(新人)
基本的な看護手順に従い必要に応じ助言を得て看護を実践する 日常生活援助・看護技術研修1回/月
ローテーション研修
卒後3、6ヶ月フォローアップ研修・最終研修
BLS研修
個人情報保護研修
記録:電子カルテ基本操作・看護記録・SOAP展開
入院受入れ時に必要な記録
NANDA看護診断
医療安全:医療安全管理マニュアルの理解
医療安全の原理原則
インシデント・アクシデント報告書 他
注射:静脈注射/薬理作用・輸液/シリンジポンプの
取り扱い
接遇:接遇マニュアルの理解
病院職員としての基本的な接遇
感染対策:感染対策マニュアルの理解
針刺し防止対策
スタンダードプリコーション 他
褥瘡対策:褥瘡マニュアルの理解
褥瘡管理
褥瘡予防とケアの基本
倫理:看護者の倫理綱領の理解
看護倫理研修
認定看護師:ICLS(1年目後期)
オンデマンド研修1~2回/月(基礎習得コース)
看護研究発表会
伝達講習会
レベルⅡ
(2~3年目)
標準的な看護計画に基づき自立して看護を実践する 看護技術研修(CVカテーテル留置介助)
チームメンバー研修(Ⅰ・Ⅱ)
チームリーダー研修(Ⅰ・Ⅱ)
私の看護観
次期プリセプター研修
記録:事故発生時/患者急変時の経時記録
医療安全:危険予知トレーニング(基礎編・実践編)
注射:アナフィラキシーショックとその対応
接遇:小浜病院職員としての接遇と患者対応・患者満足
 職員満足とは
感染対策:経路別感染予防策
 代表的な疾患別感染予防策
 針刺し事故防止対策と事故対応について
褥瘡対策:褥瘡予防対策と褥瘡ケア
倫理:看護倫理研修
与薬:向精神薬の取り扱い
看護研究発表会
伝達講習会
レベルⅢ
(4~6年目)
ケアの受け手に合う個別的な看護を実践する リーダー業務報告会・看護実践報告会
看護研究への取り組み
プリセプター研修(Ⅰ・Ⅱ)
キャリアアップ研修
リーダーシップ研修(Ⅰ・Ⅱ)
医療安全:時系列分析(RCA)
注射:抗がん剤の取り扱い
接遇:アサーティブコミュニケーション
倫理:研究倫理について
 看護倫理研修
アクションカード:災害トリアージ
看護研究発表会
伝達講習会
レベルⅣ
(7年目以上)
幅広い視野で予測的判断をもち看護を実践する 目標管理研修
チーム医療研修
ナラティブ発表
注射:指導者対象輸液ポンプ/シリンジポンプの取り扱い
倫理:看護倫理研修
看護研究発表会
伝達講習会
レベル
Ⅴ-1
(主任看護師)
より複雑な状況において、ケアの受け手にとっての最適な手段を選択しQOLを高めるための看護を実践する 看護管理研修
 組織変革・人材育成・診療報酬・関係法規
 安全管理・DPC など
グループワーク・World café(テーマ未定)

ナラティブ発表会
業務改善PDCA
勤務表作成(各自1回/年)
新任主任対象 師長代理研修(Ⅰ・Ⅱ)
看護基準の見直し
目標管理
医療安全:インシデント事例の共有と検討
倫理:看護倫理研修
看護研究発表会
伝達講習会
レベル
Ⅴ―2
(看護管理者)
より複雑な状況において、ケアの受け手にとっての最適な手段を選択しQOLを高めるための看護を実践する 経営改善
ワークライフバランスの推進
マネジメントリフレクション
パートナーシップマインドの醸成
目標管理
医療安全:グループワーク
 ロールプレイング
倫理:看護倫理研修
看護研究発表会
伝達講習会
オンデマンド研修(看護管理・チーム医療コース)
院内認定 気管チューブ再挿入認定
AEDの取り扱い方法・BLS

学研ナーシングサポートシステム オンデマンド研修

様々な教育プログラムを衛星通信とインターネットを用いた院内研修。病院にいながらにして最新の医療知識や情報を24時間いつでも学べます。産休や育休・介護休暇などで一時職場を離れる職員に対しても、自宅での継続教育が可能な、ワークライフバランスの実現に適した研修システムです。

  • ✿基礎習得コース(クリニカルラダーⅠ)
  • ✿中堅コース(クリニカルラダーⅡ~Ⅳ)
  • ✿看護管理・チーム医療コース(クリニカルラダーⅤ)
  • ✿看護研究コース
  • ✿院内全体研修コース
      医療安全、感染対策、倫理、重症度、医療・看護必要度、チーム医療、災害対策、エッセンシャル・社会人基礎力
  • ✿認知症・高齢者コース
  • ✿看護補助員研修コース

新人研修(クリニカルラダーレベルⅠ)

【Off-JT】1年間で必要な看護技術の研修を企画・実施します。病院全体で新人看護師を育成します。

【OJT】教育担当者を中心にスタッフ全員による指導体制を整えています。
        プリセプターがマンツーマンで1年間メンタルサポートします。

【新人看護師 年間研修予定】

プリセプター会主催の研修 病院主催の研修
4月 新人看護師オリエンテーション
基礎看護技術研修
(清拭・オムツ交換・陰部洗浄・体位変換・食事介助・口腔ケア・移乗・血糖測定・経管栄養・酸素療法・吸引・吸入・膀胱内留置カテーテル挿入、管理・導尿・浣腸・摘便・インスリン注射・皮下注射・筋肉注射・心電図モニター・十二誘導心電図・検体の取り扱い など)
静脈注射・薬理作用研修
輸液ポンプ・シリンジポンプ研修
看護倫理 
新採用者オリエンテーション
医療安全
感染防止対策
接遇
看護倫理
BLS
個人情報保護
 など
5月   医療安全研修
感染防止対策研修
接遇研修
看護倫理研修
 など
6月 3ヶ月フォローアップ研修
7月 シミュレーション研修
8月 フィジカルアセスメント
9月 多重課題、時間切迫シミュレーション
10月 6ヶ月フォローアップ研修
11月 看護技術研修:輸血
12月 ICLS・救急カート
1月 看護技術:人工呼吸器
2月
3月 最終研修

【ローテーション研修】

目的:基礎的な看護技術を習得する。
    部署の特徴や業務内容を知り、自分にあった部署が選択できる。

方法:一般病棟と一般病棟以外の中からそれぞれ希望部署を選択して、
     各10日間前後でローテーション勤務する。