病気やけが、あるいは高齢になっても、地域社会の中で生きがいのある生活を営んでいきたい。そうした人たちをサポートするために、理学療法士・作業療法士などの専門スタッフが、最新の機器を駆使しながらリハビリテーションに取り組んでいます。