ホームへ戻る
新着情報 採用情報 基本理念


過去の記録

受付時間変更のお知らせ

[2019/11/22]
12月27日(金)耳鼻科・午前診の受付につきましては10時30分にて受付終了とさせていただきます。ご了承下さい。
ホームへ戻る

休診・代診のお知らせ

[2019/11/05]
12月13日(金)耳鼻科・午後診の岡本医師の診療を都合により小嶋医師に変更させていただきます。ご了承下さい。
ホームへ戻る

整形外科診療日変更のお知らせ

[2019/05/24]
令和元年7月より整形外科入江医師の診療日は木曜日に変更となります。ご了承ください。
ホームへ戻る

小児科診療日変更のお知らせ

[2018/12/17]
平成31年1月より小児科の金曜日の診療を休止いたします。火曜日の診療につきましては、乳児検診・予防接種・一般診療を実施いたします。
ホームへ戻る

内科診療日変更のお知らせ

[2018/12/17]
平成31年1月より火・木曜日の午後内科【内視鏡】の診療を実施いたします。内視鏡の受診につきましては、あらかじめお問い合わせください。
ホームへ戻る

内科診療担当医変更のお知らせ

[2018/11/29]
平成31年1月より下記のとおり火曜日・水曜日の担当医が変更になります。
診療科 診療時間
内科 午前
再診
 9:00〜 大南
午前
初診
 9:00〜 奥谷
午後 14:00〜 奥谷
ホームへ戻る

眼科診療日変更のお知らせ

[2017/06/15]
眼科では、平成29年7月1日より診療日が変更になります。診療日は、毎週月曜日・水曜日午後診療(受付時間は午後3時30分まで)になります。ご了承ください。
ホームへ戻る

整形外科 診療日変更のお知らせ

[2017/03/03]
平成29年4月より木曜日の診療を水曜日の診療に変更致します。尚火曜日の診療は従来どおりとなります。お含みおき下さい。
ホームへ戻る

内科外来診療時間変更のお知らせ

[2017/01/20]
2月1日(水)より従来の午前診療に加え午後診療も開始致します。
受付時間は午後1時30分より4時までです。
お含みおき下さい。
ホームへ戻る

泌尿器科診療担当日変更のお知らせ

[2016/12/15]
平成29年1月4日より診療日が変更になります。診療日は、毎週月曜日・水曜日・木曜日・金曜日の午前診療になります。ご了承ください。
ホームへ戻る
 病院改革プラン実績評価について [2016/10/17]
 平成21年3月に策定、平成28年9月に見直しされた「レイクヒルズ美方病院改革プラン」について、外部有識者、住民代表等で構成する「レイクヒルズ美方病院評価委員会」による実績評価書を作成しました。
実績評価書(PDFファイル:272KB)・・・ダウンロードはこちら
ホームへ戻る

リハビリテーション科(脳・脊椎外来)
外来診療終了のお知らせ

[2016/05/27]
平成28年7月5日(火)の診療をもちましてリハビリテーション科(脳・脊椎外来)半田医師の診療を終了とさせていただきます。大変ご迷惑をおかけいたしますがご了承下さい。
ホームへ戻る
 「ほのぼの文化展」を開催しました! [2015/12/23]
ほのぼの文化展の写真平成27年11月10日〜12月22日まで「ほのぼの文化展」を開催しました。
入院されている方、外来で通われている方、また、介護予防通所リハビリを利用されている方、そして、その他にもたくさんの方が製作した作品を多数展示いたしました。
中には、この展示会があるということで、展示用に作品を作ってくださった方もいらっしゃいました。

ほのぼの文化展の写真

ほのぼの文化展の写真
看板も入院患者様に書いていただきました。
前に書道をされていたとのことですが、現在も達筆です!
ほのぼの文化展の写真

2病棟に入院中の患者様の合作です。
レクリエーションの時間にみんなで協力して、製作しました。
お花紙を丸めて貼っていきます。
細かい作業を少しずつ少しずつ作りました。
作品を展示された入院患者様からは、
「恥ずかしいけどうれしい。」 「みんなに見てもらうのもええなぁ。」 「こんなのも作ってみたい。」
などの言葉が聞かれました。文化展イラスト
また、展示を見に来られた方からは、
「みごとな作品におどろきました。」 「どの作品もすばらしくて感心しました。」 「また次の作品にチャレンジしてください。」 「すばらしい作品感動しました。」
などの言葉をいただきました。
レイクヒルズ美方病院  平成27年度 接遇部会
ホームへ戻る

小児科からのお知らせ

[2015/03/24]

小児科・原医師は発達外来(完全予約制)です。

ホームへ戻る

皮膚科・婦人科の診療休診のお知らせ

[2014/04]

皮膚科・婦人科は現在休診させていただいております。ご了承ください。


ホームへ戻る
 開設10周年記念式典ごあいさつ [2013/07/01]
 平成25年7月1日にレイクヒルズ美方病院開設10周年記念式典が行われました。その際の病院長のあいさつをご紹介します。
 開院10年記念の式典にあたり、院長として一言ご挨拶申しあげます。実は私は10年前の開院式にも参加しておりましたが、その時10年後に院長として、挨拶することになるとは夢にも思ってもいませんでした。
さて10年前に何があったかを調べてみましたところ、横綱貴乃花が引退し、朝青龍が横綱に昇進しています。アメリカ軍がイラクに侵攻し、12月にはフセイン大統領が拘束されています。こうしてみますと、私にとっては、あれからもう10年も経つのかという気持ちが強いのですが、感じ方は人により様々かもしれません。時間の経つのは年齢の3乗に比例して早く感じるという説もあり、私の年のせいかもしれません。
写真:開設10周年記念式典 では、当院にとってのこの10年はどうであったかといいますと、入院は慢性期の患者さまを中心に、外来は病院の規模の割に多くの科を揃え、地域の医療に貢献してきたのではないかと考えます。国の方針は急性期医療には手厚い報酬を用意し、さらにこれらの病院での在院日数の短縮を目指しています。この方針はますます加速するようですが、その結果、施設では対応が難しく、(と言っても施設への入所も容易ではないのですが)急性期病院を追い出されるようにして退院された患者さんの受け皿として、当院は大変重要な役割を果たしてきています。今から10数年後に団塊の世代とよばれる、日本の人口構成上、最も人数の多い世代、600数十万人の中から要介護状態に陥る方が続出する、といわれています。これらは大都市部に多くみられ、このため施設を作ろうにも、地価の問題などで容易でなく、郊外あるいはもっと離れた他地域での建設が考えられたり、在宅を主とした医療、介護が計画されているようです。皆さんどうでしょうか、私にはこれらの計画はいくつもの面で、多くの問題を抱えているように思えます。まず年を取ってから、住み慣れたところを離れることによる悪影響があります。また国の調査では自宅で最期を迎えたいという方が半数以上とのことですが、いざ実際に人が重度の要介護、臨終近くの状態になったとき、実際にかかわる家族がどう思うかは調査には出ていません。これらを考えると、当院の果たす役割はますます重要性を増すように思います。けれども現在の医療報酬制度では、当院のような運営形態は、経営的には、真に厳しいものがあります。この10年間、国、若狭・美浜両町よりの資金援助で運営してきましたが、平成21年には国からの資金援助はなくなり、現在は、両町に運営上の資金不足を補っていただいている状態です。ただ本年8月より療養病棟を増床し、安定した入院数の確保を計画しており、うまく運営できれば状況は随分と改善するものと思われます。これには医局の医師をはじめ病院職員の努力が必要であり、両町のみなさんよりの支援協力が不可欠です。どうか皆さん、なにとぞよろしくお願いいたします。簡単ではありますが、これにて私の開院10周年記念の挨拶とさせていただきます。
レイクヒルズ美方病院長 入江 善二
過去の記録



お問合せ先 : レイクヒルズ美方病院 [ 住所 ] 〒919-1392 福井県三方上中郡若狭町気山315-1-9
[ 電話 ] 0770-45-1131 [ FAX ] 0770-45-2420 [ E-Mail ] lake-hills@aroma.ocn.ne.jp